犬の健康管理士を取得するには?

犬の健康管理士とは犬の健康と生命の維持するために、犬という動物を理解しながら看護の正しい知識を学ぶ民間のペット資格です。

犬の健康管理士情報をお教えします。

大切な家族の一員である愛犬の病気の早期発見やケアをしたい人、トレーナーやトリマー、ペットシッター、ペットホテルなどペット関連業務に就いている人たちにとっては役立つ内容が盛り込まれています。

通学講座で16講義を受け、最終試験に合格すれば犬の健康管理士の資格を取得できます。
講座は不定期に開かれており4日間の短期集中講座で、老若男女、様々な人たちが受講している専門的な講座です。
自宅で愛犬の看護や介護、ケアができるようになりたい、愛犬がシニア期に入っている、犬の体調管理を学んでおきたいという愛犬家やペット関連の業務に従事している人においては大切なペットの健康に対する知識をお客様に提供することができ、信頼関係を得ることができるでしょう。

講座内容の一部を紹介しますと、犬の呼吸や食べ物の消化吸収、尿、妊娠・出産、避妊や去勢など体に関すること、日常の健康チェック法について、犬の行動を操る保定に関すること、確実で素早い薬の飲ませ方、各ライフステージにおける必要な栄養素等について学びますが、苦手科目については2講座まで次の講座に持ち越すこともできるので安心です。



何といっても犬の健康管理士資格は受講中から学んだことが即知識となり役立てることができます。
また永久資格なので更新する必要はありません。



top